コスタリカ ブラックハニー *期間限定

コスタリカ ブラックハニー *期間限定
¥ 1,380.-
※こちらの価格には消費税が含まれています。
※送料は別途発生いたします。

中米南部に位置する珈琲生産国コスタリカは、北東はカリブ海、南西は太平洋。北海道の半分にも満たない程の小さな国。
その主要生産地の一つ、タラス地区にあるガンボア農園にて栽培・収穫された珈琲です。

コスタリカの珈琲の殆どは、標高1,000〜1,700mで栽培。
標高の高い方が高級とされ、標高ごとに階級分けをされています。
そしてこのブラックハニーが栽培されているのは標高1,850m。
希少な珈琲です。

このブラックハニーは、”ミューシュレージ”を取らずに乾燥(パルプドナチュラル)させたもの。
“ミューシュレージ”とは、例えて言うなら、さくらんぼや葡萄を食べた時、種の周りに残っている”ぬめり”のある粘膜の部分にあたります。
それを残した状態で乾燥させたもので、その残量の多い順にブラックハニー、レッドハニー、イエローハニーと呼びます。
ナチュラルの風味を残しつつも、未成熟果実を取り除き易い為に、品質の均一性が高い製法でもあります。

若い赤ワインのような新鮮な酸味と爽やかな渋味。しっかりしたコク。そしてカラメルのような微かな甘さと香り。特に冷め出すと酸味のある赤ワイン感が徐々に増してきます。

珈琲豆に赤味が残る中深焙りでのご提供となります。

◉産地
タラス地区
(ガンボア農園・農園主:Martin Gutierrez氏 ※単一農園産)

◉標高
1,850m

◉品種
カトゥーラ

◉精選方法
パルプドナチュラル

◉農薬検査
社外委託検査にて、残留農薬検出せず。

内容量:200g/1パック
※豆のままでのご提供になります。
※御注文の確定及びお支払い完了を確認後、焙煎致します。

【注文する】